お電話のかけ間違いにご注意ください!

外来・受診

予防接種

麻疹・風疹

麻疹について

麻疹ウイルスの空気感染によって起こる病気です。伝染力が強く、一生のうちに一度は必ずかかる重い病気です。発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主症状とします。最初3~4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うとまた39~40℃の高熱と発疹が出てきます。高熱は3~4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。

主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は7~9人、肺炎は1~6人に合併します。 脳炎は1,000人に2人の割合で発生がみられます。また、麻疹ウイルスが脳内に潜伏し、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約5万例に1例発生します。また、統計上麻疹にかかった人は、数千人に1人の割合で死亡しています。わが国では現在でも年間約50人の子が麻疹が原因で命を落としています。予防接種では、これらの重い合併症はほとんどみられません。

風疹について

風疹ウイルスの飛沫感染によっておこる病気です。潜伏期間は2~3週間です。軽いカゼ様症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか眼球結膜の充血もみられます。発疹や発熱は3日間でなおりますので「三日ばしか」とも呼ばれています。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は風疹にかかった人3,000人に1人、脳炎は6,000人に1人くらいの発症率です。年長児や大人になってからかかると一般に重症になりやすく、3日ではなおらないことが多いのです。

予防接種の効果

麻疹、風疹共に、予防接種を受けた方の95%が免疫を獲得できます。

予防接種の副反応

麻疹

このワクチンは弱毒生ワクチンですから体内でウイルスが増えるため、接種して1週間後から発熱や発疹など、接種後5~14日までに5.3%に37.5℃以上38.5℃未満の発熱、8.1%に38.5℃以上の発熱、5.9%に麻疹様の発疹が認められます。通常は1~2日で消失します。また、まれに熱性けいれんが起こります。また、ごくまれ(100万人に1人程度)に脳炎の発生も報告されています。

風疹

風疹ワクチンは、弱毒生ワクチンですから、体内でウイルスが増えるため、軽い発熱、発疹、リンパ節腫脹などがみられますが、接種を受けた者100人中4人以下です。 成人女性は一過性の関節痛が接種を受けた者100人中6人程度にみられます。ワクチン接種後1~2週間に接種者の咽頭からワクチンウイルスの排泄が認められることがありますが、まわりの人にはうつらないといわれています。

麻疹・風疹混合ワクチン主な副反応は発熱(約20%)や、発疹(約10%)です。これらの症状は接種後5~14日の間に多く見られます。接種直後から翌日に過敏症と考えられる発熱、発疹、かゆみなどが見られることがありますが、通常1~3日でおさまります。ときに接種部位の発赤、腫れ、しこり、リンパ節の腫れ等がみられることがありますが、いずれも一過性で数日中に消失します。稀に生じる重い副反応はアナフィラキシー様症状、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれん等が報告されています。

  • ※麻疹・風疹・麻疹風疹混合ワクチンを受けた女性は接種後2ヶ月は妊娠を避けることが必要です。

参照リンク