診療科・部門

検査科

生理検査室

部門の紹介

生理検査室では機器や装置を用い、患者様の体の状態を直接検査する『生理機能検査』を行っています。 体内から得られる生体情報をもとに、病気の診断に役立てています。 また、検査においても患者様の負担を最小限にし、安心かつ信頼の出来る検査を目指しています。

主な業務

超音波検査(腹部、心臓、表在、血管)

検査機器[写真]
超音波で画像診断をします。

心電図検査(標準12誘導、負荷心電図、24時間心電図)

不整脈や狭心症を知るための一般的な検査です

  • 負荷心電図(マスター二段階テスト)階段昇降を行い心臓に負荷をかけ狭心症や不整脈を見つけます。
  • ホルター心電図24時間心電図の電極を付けて、日常生活の中の異常を見つけます。
検査機器[写真]

動脈硬化検査(ABI /PWV)

血圧や心電図、脈波などから血管の硬さや詰まりを検査し、自身の血管年齢を知る事が出来ます。

肺機能検査

肺活量(肺がどの程度空気を取り込めるか)などを調べて、呼吸機能を把握する検査です。

検査機器[写真]

重心動揺検査

ふらつきの検査です。どのような種類のめまいかを調べる検査になります。

検査機器[写真]

ENG検査( 眼振計 )

めまい時の特殊な目の動きを捉えて、めまいの原因をより詳しく調べる検査です。

検査機器[写真]

聴性誘発電位検査( ABR検査 )

聴力障害を脳波から調べる検査です。通常の検査よりも詳しく調べる事が出来ます。

検査機器[写真]
意識障害やてんかんの診断に有用です。

ENG検査( 脳波検査 )

目の動きを、波形にして記録することによりめまいの原因がどこにあるのか、どのような種類なのか、眼振の有無等を調べます。

検査機器[写真]

検査実績数

検査機器[写真]
PDFで見る