外来受診のご予約番号が変わりました!

診療科・部門

乳腺外科

運営方針

2022年4月から乳腺専門外来を開始しました。地域の医療機関とも連携し、ふれあいグループの持つ能力を結集し乳がん診療(診断・手術・薬物療法・放射線治療・緩和ケア)を行います。

診療内容・特色

乳房切除が標準手術とされていた時代から、乳癌に対する乳房温存療法に関わってきた医師が診療を担当します。遠隔地から来院される患者様も多かったため、これまでは首都圏で診療を行ってきましたが、湘南地域の乳癌診療に貢献すべく「ふれあいグループ・茅ヶ崎中央病院」で乳癌診療を行う事になりました。

乳がん診断のため、マンモグラフィー・乳腺超音波検査、必要ならば造影MRI/CT検査を行い、最終的には組織検査で診断を確実に行います。

進行した状態で乳がんが見つかった患者様には、当院に設置されているPET-CTも用いて全身のがん評価を行い、治療方針を決定します。

偏った治療にならないよう、姉妹病院である湘南東部総合病院乳腺科とも連携・相談し治療を組み立てていきます。

当院にはピンポイントでがんを治療できるサイバーナイフセンターが併設されており、また湘南東部総合病院には基本的放射線治療設備が整っているため、グループ全体の力で乳癌治療を行うことが可能です。

担当医師紹介

武政[写真]
村山 章裕むらやま あきひろ
乳腺外科部長
略歴
  • 1987年6月 茅ケ崎徳洲会総合病院 インターン
  • 1991年6月 茅ケ崎徳洲会病院外科チーフレジデント
  • 1992年4月 新東京病院 外科医員
  • 1995年4月 大船中央病院 外科医長
  • 2005年4月 湘南東部総合病院 副院長
  • 2006年4月 茅ケ崎中央病院 院長
  • 2009年11月 総合新川橋病院 乳腺外科部長
資格
  • 日本外科学会外科専門医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 緩和ケア研修会 修了
医師コメント

基本的には一般外科医ですが、乳癌では3000例以上の執刀があります。近年がん治療は標準化されていますが、標準治療を強要することなく、患者様の置かれた立場を尊重し、これまでの豊富な経験を生かして最適な治療を提供します。