お電話のかけ間違いにご注意ください!

診療科・部門

リハビリテーション科(診療協力部門)

言語聴覚療法(Speech-language-hearing Therapy:ST)

失語症(言葉が出ない・出せない)や構音障がい(言葉がはっきりしない・ろれつが回りにくい)など何らかの原因によりコミュニケーションに問題を生じた方に練習を行ないます。また、嚥下(飲み込み)障がいに対し検査・練習を行ないます。

摂食・嚥下障害に対しては、医師と協力し、嚥下内視鏡検査(VE)や嚥下造影検査(VF)という飲み込みの検査を実施し、より言羊細な病態の把握に努めます。検査で得られた情報を基にその後の訓練プランを立案し、患者様に最も適した食事形態の検討などを行っていきます。

飲み込みにくい、喉に引っかかる、食事の際にむせ込みが目立つ…等々でお困りの方は、外来リハビリテーションも受け入れておりますので、ご相談ください。

また、耳鼻咽喉科医師や臨床検査技師と連携し、聴覚障がいのある方や補聴器装用者の検査、人口内耳などの人口聴覚器埋め込み術後のマッピングやリハビリテーションも行っています。

当院は摂食嚥下関連医療資源マップに登録されています。

摂食嚥下関連医療資源マップ