診療科・部門

薬剤部

部門の紹介

薬剤師[写真]

茅ヶ崎中央病院薬剤科では病院内における医薬品に関する業務全ての管理を担っています。
また、薬物療法を安全かつ効果的に実施できるよう医薬品の適正使用に努め、業務に取り組んでいます。

(1) 調剤業務

  • 入院及び外来の調剤を行っています。入院調剤では簡易懸濁法を全病棟で導入しています。
  • 注射調剤は個人別セットを行っています。
  • 院内製剤の調製を行っています。
検査機器[写真]
調剤業務【散剤】
検査機器[写真]
調剤業務【注射】
検査機器[写真]
調剤業務【内服】

(2) 薬品管理業務

  • 医薬品在庫や品質などの管理を行っています。各部署に保管されている薬剤について、期限のチェックや保存方法の確認など適切な管理に取り組んでいます。

(3) DI業務(医薬品情報提供)

  • 医薬品に関する情報を収集し、医師や看護師等院内スタッフに医薬品情報提供を行っています。月に1回院内でDIニュースを作成、発行しています。

(4) 抗がん剤調整業務

  • 外来及び入院注射抗がん剤の調整を無菌室の安全キャビネットで行っています。
検査機器[写真]

(5) 病棟業務

  • すべての入院患者様の持参薬について鑑別を行っています。
  • 病棟で管理している患者様へ処方された薬剤は一包化して、配薬車にセットしています。
検査機器[写真]

(6) 薬剤管理指導業務

  • 入院患者様への医薬品の適正使用の推進に努めており、患者基礎情報及び薬歴から相互作用や副作用を確認し、患者様の入院から退院まで、安全で効果的な薬物療法が受けられるよう、薬の管理や服薬指導を行っております。
検査機器[写真]

(7) TDM業務

  • TDM(薬物血中モニタリング)業務では、患者様個人に適した投与設計を行い、薬物動態学的な解析をもとに最適な薬用量,投与法を医師に提案しています。
    特に抗MRSA薬は、処方時に届け出が必要な抗菌薬であり、初期投与設計を行い、さらにTDM結果を踏まえた結果を医師にフィードバックしています。

(8) チーム医療

  • 感染制御チーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チーム等の一員としてより良い医療を目指して活動しています。

(9) その他

  • 各種委員会参加やICTラウンドに積極的に参加しています。また院内勉強会も月数回行っており、知識の習得に努めています。
検査機器[写真]

薬局だより